顔や体のコンプレックスは整形で解消【ボトックス効果の活用法】

  1. ホーム
  2. 持続性の高さが魅力

持続性の高さが魅力

注射

安全性が高い美容薬剤

当然ながら、ボトックス効果の現れ方は人それぞれで、そのため、あらゆる要素から治療を施します。医療機関の選定も大事ですが、注入系医療での経験がある医師の携わりもポイントで、主にボトックス注射が提案されます。最大限の効果を生むにも、当日の流れとして、悩みや症状を聞くカウンセリングや診察が行われます。ボトックス注射の副作用には、注射部の痛みや筋痛、発疹が出ることもまれにありますが、これらはボトックス効果が強く表れた結果で、徐々に回復します。クリニックによって、薬剤の配合もメーカーも異なりますが、このように体質に合わないケースもあります。こうした副作用を避けるため、体質上の問題や既往症などがないのか、治療ではカウンセリングも重要視されています。デリケートな部位には、量を微調整しながら注入しますが、施術時間も数分程度で、麻酔によって施術中の痛み、身体への負担は少ない傾向です。後遺症や感染症のリスクも少なく、ダウンタイムがほぼないのは魅力です。治療後はすぐに帰宅でき、その後の生活も、普段通りに過ごすことが可能で、シャワーや入浴もできます。美容医療で数多くのコンプレックスの解決に、ボトックスが用いられています。例えば、顔の大きさというコンプレックスを抱えている方は少なくはなく、大顔の印象を与えがちなのは、エラの発達とも言われています。小顔を実感できるのも、筋肉を収縮させてエラの張りを軽減させるボトックス効果によるものです。骨格筋へのボトックス注射は、他の筋肉に比べて効果も高く、半永久的な持続性が特徴です。筋肉に作用することからも、もう1つ、表情筋が動くことで作られるシワにも効果が期待できます。見方を変えれば、表情筋が動く限り、シワは消えにくくなる見解で、表情筋の働きを弱めることで、シワの目立たないボトックス効果が得られます。ただし、色々な表情を顔に出すこともあって、筋肉の収縮は半永久的に続くことはエラボトックスよりも些か難しくなります。ですが、効果が薄くなる頃に、繰り返して治療を受けることで、持続可能です。また、美容だけではなく、過剰な発汗の抑制となる健康面にも作用します。発汗を促す神経伝達物質の分泌を抑制する作用で、多汗症の治療を行うこともできます。ボトックス効果を最大限発揮するには、定期的に治療を受けることに尽きますが、予防法とした活用も推進されています。