顔や体のコンプレックスは整形で解消【ボトックス効果の活用法】

医者

アンチエイジング

ボトックス効果はアンチエイジングを期待することができます。シミやシワ、たるみの解消や小顔効果を期待することができます。加齢とともにお肌の悩みは増えてしまうので、それらを解消することもできるようになっています。

カウンセリング

体に優しい

ボトックス効果は注入から3,4日後に現れることが多いです。また1回の注入で3,4か月は維持をすることができます。半永久的ではないので、定期的な注入が必要となりますが、体への負担は少ないので安心できます。

細い足も小さな顔もこれで

看護師

筋肉を弛めるだけで

整形治療には様々なタイプがあります。効果もそれぞれで違い、いずれも理想の体を求める人に重宝されています。そんな中の一つにボトックスがあります。薬を注射してシワを取るという治療法がありますが、これも似たような感じです。しかし、効果の多様性ではボトックスの方が優れます。ボツリヌス菌の毒素を調整した薬を用いるのですが、それには筋肉を弛める効果があります。この筋弛緩効果がいろいろなことに利用できるわけです。例えば、女性の中では小さく見える顔がとても人気です。メイクやマッサージなどの方法が出ていることからも、それが分かるでしょう。ボトックス効果がそれを実現してくれます。顔の筋肉に注射すると、緩んでふくらみがなくなります。出っ張った部分が潰れるため、数カ所に行うことで顔の輪郭もすっきりします。ボトックス効果の活用法はまだあります。筋弛緩でふくらみがなくなるということは、その筋肉が細くなるということ、これを使って痩身ができます。とくに筋肉が多い部分の痩身には、絶大な効果を発揮します。筋肉を弛めるだけでこれだけのことができます。ボトックスにも万が一はあります。自分は絶対に大丈夫とはならず、失敗する可能性は少なからずあります。それに備えることが後悔しないコツです。まずは美容外科の選び方を押さえましょう。基準は一つ、ボトックスの必要情報をちゃんと出しているかです。ボトックス治療はでたらめにやっていいわけではなく、ちゃんとした知識が必要です。美容外科のホームページにあるボトックス効果の説明書き、それをよく読んでみましょう。書いてあることがメリットばかり、これはまず怪しむべきものです。ボトックス効果によって筋肉が緩むと、少なからず悪いことも起きるだろう、これが一般的な考え方ではないでしょうか。利点を主張して欠点をごまかすところは避けましょう。しかし、説明はメリットだけでもデメリットがQ&Aという形で別途記載されていることもあるため、質問コーナーにも目を通しましょう。必要情報の提示は、誠実さや治療に対する真剣さの表れでもあります。治療を受けるのは客側であり、悪いところも含めて受けるか決めてもらうという姿勢の美容外科が優良と言えます。

注射

持続性の高さが魅力

美容面や健康面にも作用するのがボトックスで、コンプレックスを抱える人の解決に繋がっています。ボトックス効果は半永久的に続くものだけではなく、継続的に治療が必要なものまでがあり、専門医に相談することも大切です。

医者

向いているしわを確認

表情じわを解消できるのがボトックス効果です。特に筋肉の動きのクセでできやすい、おでこのシワ改善に効果を発揮します。持続効果は約4ヶ月から6ヶ月で、長いと1年間はキープできるので半年に1回の施術が目安となります。

看護師

術後のケアで結果も変わる

治療後の数日間は、ボトックスを注射した所を圧迫したり強く擦らないのが、大切なアフターケアになります。また、ボトックスはエラに注射すれば小顔になれるうえ、近年急増中の顎関節症も予防できることが、ボトックス効果の優れた魅力です。